ソリューション Solution

都市や地域の課題を解決するため、2つの機能により多様なソリューションを提供し、新しい事業を創出・実現

都市を取り巻く様々な課題に対して、先を見通す視野と豊富な実績からのフィードバックを武器に、解決のアイデアを創造、社会へ発信し、事業機会の創出と実現へとつなげていく、行動する 頭脳集団を目指します。

調査研究
当社が有する実績と情報収集力を生かし、持続可能な都市を実現する「コンパクトシティ」「低炭素まちづくり」「地方創生」に関する調査・計画や、安心して暮らせる環境を構築する「インフラ長寿命化」「国土強靭化」「スマートコミュニティ」の研究など、成熟した都市の未来像を探求しています。

政策提言
重要な課題分野での解決策の発見に向け、高齢化社会における地域の将来像「地域包括ケアシステム・コンパクトシティ」や、新産業育成をテーマとした「農業6次産業化」、「医療クラスター」などでは、有識者と連携して研究を推進、成果を積極的に公表して実現化を模索しています。

情報発信
講演活動、広報誌、寄稿や出版など、様々な媒体による情報発信を行なっています。定期開催の「アバンフォーラム」では、有識者を囲んで先進分野に関心のある人々が集い、様々な知見や情報を交換することにより、人材ネットワークの拡充やアイデア発見の場となることを目指しています。

先進複合的な都市の課題を解決するために、産学官民、新たな公共など、様々な関係者が協働してプロジェクトを仕掛け、さらには醸成していく場を創出します。プロジェクト推進の場面では、他業種との技術連携やアライアンスを効果的に組成するハブの役割を果たします。

官民連携
人口減少と高齢化、財政の逼迫など、様々な課題に直面する自治体の持続的な経営には、「コンパクトシティ」化と「公共施設マネジメント」の導入が重要です。当社は多様なまちづくりの実績をもとに、これらの計画策定や、PRE(公的不動産の有効活用)、PFIなど、官民連携事業の推進に貢献します。

エリアマネジメント
これからのまちづくりでは、経済の活性化、コミュニティの維持発展、環境性能やレジリエンスの確保など、地域の価値を向上させる「エリアマネジメント」の取組みが不可欠です。当社でも、産学交流組織「アキバテクノクラブ」の運営や、竹芝再開発エリアなどで活動を推進しています。

鹿島の総合力
「100年をつくる会社」鹿島を中心に、都市・建築・土木分野の構想・設計から維持管理・運営までを幅広くカバーする鹿島グループの豊富で強力なノウハウと幅広い技術を組合せ、都市に関するソリューションの提供とプロジェクトの創出を進める体制を整えています。
Totop